憂いから郷愁へ、そして未来の色へと

紫色が、11グループ、44色となった。

データも確立。 

納得の行く美しい染めに安堵。

他の色グループまで含めるとなおさらで。 

でも、まだまだ揃えたい色群。

まだ9月が始まったばかりだが、濃い一年だと感じる。

染める染め続けることだけでしか、自分を保てなかったり、

色んな感情が日々にあって、それが、花火のように広がるストールの色達。



この半年で、ここまで良く頑張ったなあと思う。

ゼロからというよりも、umu-wakaの、師匠の色直しなどから始めたのでマイナスからのスタート。

でも、そのマイナスはマイナスではなくて、原油、宝の宝庫であったと今は思う。


身体が朽ちても染め続ける。 染めることしかできなかった。 

そんな時を振り返り、アトリのたくさんの色たちを見ると、こんなに私の色があると。 

泣きそうになりながらも、安堵と脱力感で立ち上がることができなかった昨晩。

紫色がひと段落したら見ることができた今の時。



今日は、染めたストールの色止めや仕上げをしようと思ったが

ひとくくりの句読点をと。

直さなくてはならない師匠が染めたストールの色直し。

イオン封鎖を切り、色を流す。

半年前は、それが憂いでしかなかった。

色を流す。それが郷愁へと変わった。



そして今日は、背筋を伸ばして未来の色へと。

力強く自身を奮い立たせ、儀式をとりおこなっているような。


新たな気持ちで

仕上げを。


0コメント

  • 1000 / 1000

waka-nudité