テオ・ヤンセン展にて〜


三重県立美術館で開催中のテオ・ヤンセン展へ。 



テオ氏の言葉や表情、創作の跡を見ていると自由で軽やかになる。 


創作って特別なことではなくて呼吸するようで、

時や知識やいろいろなものが融合して表現が進んでいく。

自由に進化していく。 





私は今は、染めに夢中だけれど、染め続けることは変わらないと思うけれど、

何かしら表現の形に囚われず、進化して生きて行きたいって思った。



結束バンドで留められたチューブや、ビス留めの甘い足跡に、

テオ・ヤンセン氏の経過や人を感じる。

その足跡の中に、メッセージを感じた。

ものづくりの軽やかさと自由さ。その奥には色んな深い事情や経緯があるのだろうけど、

肩の荷が下りた感覚をいただいた。


これから、もっと楽しく自由に色を染められる。

そしてストールだけに縛られず、もっともっと大きな色んな次元のものを、

自分が染めたいものを染める。

空だって染められるって思った。


0コメント

  • 1000 / 1000

waka-nudité