表現


若い素敵なお友達はジレ作家。

イタリアのビンテージストックの布地に惚れ込んで、ジレ・ブランド、「D'etre」を四年ほど前に

立ち上げた。http://detre.link


アルマーニや上質のお洋服が身近にある環境にあった彼は、他の分野のお仕事で一つ成功されて

それから、自身の大好きなお洋服の世界へ。

彼と話していると、好きがまっすぐで、すごく嬉しくなる。


お洋服のお話や、ドラマティックなブランドヒストリー、色々な話をしていると

私も、まっすぐな気持ちになる。


私は、ストール。

今は、無地の一色染めのストール達。

色だけで、その「らしさ」をビジュアルで

どう表現、どんな味わいにするのか。。。

新しいブランド、waka-nudité の中で、どんな味わいや表現をして行くのだろう。


今、ロゴのことやストール以外の界隈のデザインやイメージを考えている。

とても楽しい時間に入るのだけれど、

ここのところ、自分の好きなもの達を再確認する出来事が続くのは、

「らしさデザイン」へ入る準備体操なのかもしれないと。


しかし

いやはや

主流のモードとは、ちょっと違うことが好き。

この色は流行色ですね。なんて言われると、失敗したと思ってしまう私。

私も人間性が斜めなんだろうな。


なんて思いながら、

順調に流れ始めていること感じている。


0コメント

  • 1000 / 1000

waka-nudité