waka-nudité 3D歩くビジョンマップを作る旅


waka-nudité は、2018年3月3日にデビューすることになりました。

先日、そのギャラリーを訪ね、ギャラリーのオーナーとのお話は、盛り上がって高揚。

ついついお話が長くなってしまいました。そうそうオーナーの奥様と私の名前はフルネームの中で

一字違い(笑)そして物作りへの熱い想いが同じであったこと。盛り上がりすぎました。

そんな温かでクリエイティブな素敵なギャラリーで、誕生ができることにとても感謝しています。


太陽がさんさんと降り注ぐPerry House Galleryさんは、表参道ヒルズの3本通りを裏に入った場所

にあり、静かな住宅街の中にあります。

Perry House Gallery → http://perryhouse.jp/index.html



ギャラリー訪問、オーナー様と楽しく会話の後は、

まるで、waka-nuditéの3D歩くビジョンマップ作りのようだったなと今、思います。


この日は、たまたまギャラリーで開催していた、若い女性がお洋服のように着物を着られるように

というようなExhibition中。そこで、私は、赤地に白の細かなドット柄のウールの着物を買いまし

た。昭和の古いものでしたが未使用。そこへビンテージの赤い帯、朱赤ストライプの帯締めを購入。


その後は、表参道にあった北欧&欧州のインテリアショップへ。きっと輸入会社のショールーム

物販店のような雰囲気。明るい北欧というより陰陽のある、アンティーックっぽいニュアンスのある

雑貨やインテリアが充実していました。そこで、なんとなく気になる文房具や、インテリア小物、

アルミのトランクなどを購入。

購入しながら、気づくと3月3日のExhibition用の什器や小物をチョイスしていることに気づく。


ああ〜

始まった!!!!!

いつもの、3D歩くビジョンマップづくり!!!


そう感じた私は、2日間、脳内を麻痺させて

心が惹かれるままに、文具や食品、様々なもを購入しました。

北欧、イタリア、フランス、アメリカ。そして秋田の民芸(日本)


次の日は、伊勢丹新宿店で開催中のイタリアフェアで、オリービオイルとチーズにハマり

試食&試飲でお腹がいっぱいになったのですが。。。。


本日、その買い物をしたものたちが、大きな段ボール箱いっぱいに宅配で届いた。

改めて見ると、waka-nuditéをイメージしていた色たちや、ニュアンスが

目の前にいっぱい広がる。


もともと、waka-nuditéは、多国籍軍なイメージで行こうと考えていた。

nuditéはフランス語でヌード。世界共通、人の色、心の色は共通と。

思いっきり、海外に振ったら、だから日本に着地ができる。


waka-nudité デビューのディスプレイ案もパースを描くことができるくらいに広がった。

ロゴイメージもショッピングバッグも、界隈のイメージも、少し目を細めれば見られる

ぐらいな距離になってきた。


毎回、そうそうプロデュースのお仕事している時も、ディスプレイの仕事をしている時も

脳内麻痺にして、ハートの直感で3D歩くビジョンマップづくりをしてきたんだなと。

3D歩くビジョンマップづくりは、とても楽しい。



0コメント

  • 1000 / 1000

waka-nudité