Unica creative space (産院)閉廊パーティ。時空、異界までも交差する夜

2009年5月この鏡から始まった



umu-wakaデビューでお世話になった、東京三宿・Unica creative spaceの閉廊。

先週、ハローウイン10月31日は、ありがとうパーティ。

急遽参戦となった高松の友人と、ハローウインで賑わう渋谷で待ち合わせて三宿へと向かった。

高松の友人とは、umu-wakaを通じて、いや、この三宿のスペースを通じて出会い、今は、とても

とても睦い友人。今の私が、そして新しく描いていくwaka-nuditéも、この場所から始まったとも。



ギャラリーに着くと、umu-wakaの初期モデルのバンブーストールDANNAを撒いたジョーさんが

いた。もうそれだけで、胸がいっぱいになった。

umu-wakaスタート時は、仁美ちゃんがオーナーでスターポエッツ・ギャラリーだった。

Unicaの友恵ちゃん共に、umu-wakaの誕生を支えてもらった。

誕生の後も、私にとっては故郷のような、ほっこりくつろぐ場所だった。


ここは産院。みんなの産院であり、ホーム。




私だけでなく、たくさんのアーティストが育まれ、たくさんの人々に愛される場所。

いろんな人生も交差した場所。産院のような。

パーティーでは、懐かしい顔、大好きな顔がいっぱいすぎてテンションが上がる。

まるで親戚の法事のような。。。




今世紀の偉業だと思うこのクリエイティブ・スペース。


この日のために、大城女史、美穂さんが指揮をとって寄せ書きを作った。

寄せ書きに書く言葉に想いが溢れて中々、文章が書けなかったのは私だけでなくて。。


そして、分厚い食パン一斤ぐらいの暑さの寄せ書きを入れる箱は、Unicaのドアをイメージして。

箱の周りは、ビルの外壁、スペースの内装を可愛らしく手描き。表紙は手縫いの刺繍。

そしてたくさんのメッセージが綴られて、、、、。

愛がいっぱい。これを見るだけでも涙が出るねと。





懐かし場所と親戚のような感覚の友人達。

懐かしい思い出の場面に高揚しながら、時空を心が漂い

ハロウイン帰りのコスプレ&メイクの見知らぬ人たちを眺めながら、異界を通過し

宿泊先のホテルへ向かった。


次の日は、waka-nudité デビューとなるギャラリーでの打ち合わせ。


終わりと始まりが交差し、色んな時空や異界が交差する。


お酒は飲めないけれど、この日は、シャンパンを買ってホテルで乾杯。

大切な人達、そして自身の健康と幸せを祈った。


0コメント

  • 1000 / 1000

waka-nudité