waka-nudité 撮影前夜



新しいブランド名を、waka_nudité と決め、新しいスタートを決めたのが今年の7月末。

その前の1年半は、umu-wakaの直しや、新しい染め方を研究したり、「間」の時間だった。


waka_nuditéとブランド名は決めたものの、waka_nuditéと決めた背景は、鮮やかにあるものの、

コンセプチャルワークなど、言葉が、waka_nuditéを伝える言葉が明確ではなかった。


しかし、今回は、商業的なブランディングや、アートディレクション、マーケやソースを編集する

ような物作りは、したくないと思っていた。


そう。そして、今回の撮影を終えた時に、何かが見えるような気がしていた。



waka-nuditéのヌード撮影前夜。

当日は、午前5時起き、モデルさんを乗せて京都まで車を走らせるのに、往生際悪く、

撮影用のストールを染め続け、午前0時になってもまだ染めていた。


ストールと裸体の写真は、umu-waka時代から、ずっと撮りたいと思っていた。

そのあるイメージ。この数ヶ月、そのイメージを具現化するように色を染め続けていた。

染めて生まれ出る色たちが揃っていくとニュアンスが見えてくる。


そして、撮影日を明日に控え、こんな色もあんな色もと、ますます貪欲になり、

それとともにドキドキが増して行き、胃が痛くなり、最後は吐いた。



思えば、21歳で独立したばかりの頃、雑誌のスタイリスト&簡単なヘアメイクの仕事も

レギュラーでしていたこともあり、初めての撮影ではない。そう自身に言い聞かせても、

ドキドキが止まらず、準備を終えて午前2時半、アトリエのソファーで仮眠を取ろうとするが、

自分の心臓の鼓動でソファーまで揺れ出し眠れない。

あまりにも揺れるので、地震が起きているのかと思ったほど。


このドキドキ感は、どこから来ているのだろうか?

今回、waka_nuditéは、人生をかけたリスタートだなんて思っていない。

waka_nuditéは、余分なものを削ぎ落とした、自身のソースと繋がったシンプルなもので

ありたいと思っている。


umu-waka立ち上げ時は

人生を、命を賭ける覚悟だった。それも、まるで片道切符だけを持って、走り切るというど根性

で力んでいた。そして使命感を持って、色んなものを背負って、身震いしながら立っていた。

また、今までのプロデュースのノウハウを持ってブランディング、編集、商業的な方向性を

持っていたumu-waka。



今回のwaka_nuditéのスタートとは、全く違う。

その色合いをも感じていた。

同じスタートであっても、掛け算と、引き算の違いのような。


撮影では、私は脱がないけれど、私自身の丸裸を見るようなそんな気がしていた。






0コメント

  • 1000 / 1000

waka-nudité