どこへ進むのかなぁ


2年ぶりのExhibitionの荷物の梱包、発送準備に3日間を要した。

明日、残りの荷物を2つ発送して完了。この3日間、肩こりと腰痛と脈拍アップだった。

スッカラカン、空っぽになったアトリエのストールの棚を眺めると、やっと空腹を感じた。

40代から始め、umu-wakaからwaka-nuditeへの移行でリスタート。


50代の肉体は、40代からの仕事の仕方を、振り返るような。同じような、せわしない仕事の仕方は、もう無理だと思う。熱かったなぁ。久しぶりの準備とはいえ、いろんなことを感じた。



今日は、国宝犬山城に新しい鯱鉾(しゃちほこ)が取り付けられた。

昨年の7月の落雷で壊れた天守閣の鯱鉾。朝も早くからテレビ中継のヘリコプターが飛び交い午後4時の完成まで飛んでいた。

アトリエで発送の準備をしながら、ベランダから犬山城を見る。

同士のような感じがした。




発送準備前、夕方近くになると室内では、微妙な色の差がわからなくなるので、冷え込み出す午後4時くらいからは、ベランダに出て色番を決めて色番シールを貼る作業。


この2年間、このベランダで何枚のストールを干しただろう。

暑い夏、干したストールが干した途端に凍って樹脂加工みたいになった冬。

国宝犬山城と共に染めてきたような。この2年が、相当長かったように感じた。



2018年3月3日・ひな祭りの日に

waka nudite・ワカヌディッテは、誕生する。


waka-nudite debut Exhibition

詳細 ↓

https://waka-nudite.theblog.me/posts/3592168




これから

どんな描き方になるのか?全くわからない。


2年前も、わからなかった。

染め続けることでしか、染め着いた時に、少し見えるような気がしていた。


今の

ジャスト・今は、今のwaka-nuditeは見えるけれど

先は、どう描かれていくのか?わからない。


楽しみだ。

0コメント

  • 1000 / 1000

waka-nudité