桜色


福岡の旅へ行ってまいりました。

福岡へは、前職のデコレーター時代にも、年に6回ほど行っておりましたが、

いつも日帰りだったので、今回が初の観光。


「観光とは、光を観るグリッドワーク」とお友達が言っておりましたが

まさにそんな旅となりました。

初日は、太宰府にある豊満宮 竈門神社さんへと。豊満宮 竈門神社





桜の花が1割ほどほころび始めた犬山を出て、南の九州、太宰府にある豊満宮 竈門神社さん

の桜は3分咲き。豊満山のたくさんの桜の花々が心地よく

2日続けて竈門神社さんへと伺いました。


ずっと滞在し続けたいと思う竈門神社さん。

お守りや、お札の書体まで大好きで、自身のニュアンスが喜び

また、お勉強にもなるものでして。。。


そして

桜色に溶解する私。





桜色の溶解は、

色々なものが解け始めたようで。。。




霞がかる太陽。

霞がかる夕日を見ながら


この霞が消える頃には

いろんな霞が消えていくような感じがしました。



2泊3日の福岡、太宰府、糸島の旅を経て

桜の名所の地元に戻ると、桜は満開。花びらが雪のように舞い散り始めていました。

老いも若きもスマホやカメラを。

桜の香りが町中を包み、むせかえるほどに。

桜の香りに良い、霞の中、夢見心地な3月末。



今年は、どこも1週間ほど桜の流れが早いようです。

桜は、これからの時が早くなることを伝えているような〜。

霞が開ける新緑の頃、世界は大きく変わっているような予感。


旅は続く〜。



0コメント

  • 1000 / 1000

waka-nudité