タイムラグ〜時の交差点



桜がほころび始める頃に、福岡・大宰府、糸島へ。

そして桜が寒そげな仙台・蔵王へと旅をして、

桜舞い散る出雲へと。

3月の末から2週間の間での移動は、キャビンアテンダントなみ。




旅が終わると地元のお祭り。犬山祭

国の重要無形民俗文化財である犬山祭。

山、鉾、屋台行事は、昨年、ユネスコ無形文化遺産に登録された。




それぞれの土地で、三次元から宇宙までのお話。

そして出雲では、アメリカから三十年来の友人と共に。


そして、犬山祭では、混み合う雑踏の中、肩をポンと叩かれ

「よっ!!!」と声をかけて立ち去る幼稚園から一緒だった友人の顔は

浦島太郎。おっさんだった。

(あ!新町の山車(だし)は、浦島だった。。。)







まるでタイムラグ。




今年の犬山祭りは

遠方からのお客様と連れ立って

ストールのお見立ての後に出かけた。



屋台では、りんご飴や、とうもろこし、綿菓子も売っていたが、

新しい台湾焼きそばだとか、昔にはなかった食べ物も多し。




昔はなかった

犬山名物の鮎の塩焼きを、新しいストールを纏った

新しいご縁の方々と、楽しくいただき、未来の夢を語り合う。

好きなこと、やりたいこと、夢に向かって走る友を勇気付ける。


時代の交差点のような〜。

そして本町交差点で、今年の新年会であった

地元犬山でタイマッサージを営む、2学年上の先輩と交差〜。



ビッグチェレンジで疲れていたChikaちゃんは

woo me色のストールをかけてチネイザン&マッサージ。





旅も犬山祭りも終わり、

なんだか、私は、タイムラグのような症状になっている。

オライオン&アンジェリカのクイントエッセンスでタイムラグをケアして、


今ここに!な橙色のストールを纏おうと、

手持ちのストールの中にある橙色を探すと

麻の橙色がフィットした。

まだ色名は決まっていないが、まるでLady Portiaのような色だった。



0コメント

  • 1000 / 1000

waka-nudité