赤の中へ



究極に、赤の中にいたい。

帰って来られないくらい、赤に没頭したい。

深い、内臓がひっくり返ってしまうくらいの赤が、

そして、その界隈の深い色軍を染めたいという衝動に駆られた本日。


小学生の時のプールの飛び込み台に上がった時のような。

初めて行く島で、透明度が高過ぎる、この世のものとは想像ができないような海へ

飛び込む前の時のような、


そんな激しい衝動が訪れた。





東京でのDebut Exhibitionを終え、久しぶりに旅をした。

旅の途中に「あなたが一番、好きな色は何か?」と尋ねられた。

幼い頃から、ずっと、すべての色が好きだったので、色占いができなかった。


「一番好きな色を選んでください。」

「一番嫌いな色を選んでください。」


無理です。


その時に、自身の心に一番フィットする、惹かれる色はと尋ねられたら

それは答えられるけれど。




中学時代から、20代前半は、

自分の色は「赤色」と決め、自分に帰るときは「赤色」と決めていたが。。。

頭のてっぺんから、足先まで赤だった。

赤に固守つして、自身を保ってきた時代でもあった。

綺麗な明るい赤を頼りにしていた時代。




2014年に

赤だけを染めたいと、赤色だけのExhibitionをした。

赤色だけで53色を染めた。


Exhibitionのテーマは「在処・ariaka」

赤は、再誕生の色。古代から赤い陶器が流行ると時代が変わると、

考古学者の先生が言っていた。

予感していたのかもしれない。




狂おしいほど、赤のの中にいたい。

赤を染めて、体も心も魂も赤色の中にいたい。

今のこの衝動は、何かを知らせているのだろうか?



0コメント

  • 1000 / 1000

waka-nudité