恋桜色・kozakura-iro



恋桜色  /  自立のピンク色グループ 

 koizakura-iro 


恋をして 色づき、生命、生きようとする意識がStand up。 

桜が、意識を持った新しい生命へと変容する。 


 ただ一人の桜が、恋をし観る彼方が広がる。 


 私の目(まなこ)と、もう一人の目(まなこ) 

 その視野、世界が広がる。 描く先、描く器は広がる。


 私のクリエイティビティは広がる。





恋桜色・結びのピンク色 


ピンクは受容性、受け入れることを促す色。 

結婚により、お仕事や夢の在り方が変容する。 

その変容は、夢、仕事のキャパシティや、器を大きくしていく。

 自身の人間性、魂の器を大きくしていく。


 大きくなった器は、夢を描く、そのクリエイティビティの表現の幅を広げ、 

ご縁、アイディアの選択肢、種の種類を多くする。 


一人で観る夢の先よりも、そのクリエイティビティは広がり

 視野を広げる。 一人で描く夢は、伴侶を得ることで変わる環境によって、

 その夢の先は、社会性をも伴い、魂の表現へとステージアップして行く。 








自立のピンクグループ



恋桜色・koizakura-iro

kaguya-iro

mana-iro

poison-rio

woo-me-iro (梅紅色・ウーミィ色)


0コメント

  • 1000 / 1000

waka-nudité