芳陽色

2014年に、出会った衝撃の後のこと。 その色を染めようと、言葉にしていた紙が出てきた。 まだ、その色は染めていないし、 その時の点では、 どんな色だったかも覚えていなくて。 それでも2018年の今でも、それはingで継続中で。 だから、 今から、ここで折り合いをつけながら 今だから染められる色なんだろう。 この色を染めて折り合いをつけたい。 



芳優色 燃え盛る熱く 熱した氷 荒く尖った氷の数々 厚く層をなした氷をも溶解させたものは ただ愛でしかなかった。 氷河の中には何もなく ただ春の芳陽は いつも私に注ぎ、 ずっとずっとそばにあり。 遠くの陽の光を、 見えない太陽を想い 気遣ってきた歳月の重さ 「待ってるからね」 その言葉とともに ひどく冷たく、熱したその重い物体が 溶解していく。 悲しみも、怒りも、辛さも、痛みも 気兼ねも すべて消えていく

0コメント

  • 1000 / 1000

waka-nudité