姫紫色・himemurasaki-iroから始まりました。


愛車の真っ赤なボディのヌーちゃんが来て1年。

今回、1年点検に出すための代車で来た車は、10年前のモデルの黒い大きなワゴン。

デザイン、内装、仕様、装備が懐かしい。この車種にして26年。

240の戦車のような車から、大きなもの、走りを重視したものなど何種類か乗って来た。

この威圧感のある黒い車のアクセルは重く、走りが鈍い。

自分の足先から感じる走りが体に伝わると、10年前の景色が浮かび上がる。






10年前、創業当時は、シルク60%カシミア40%のうるわしストールが定番だったな。

この頃は、デパートのポップアップショップでの展開だったな。

そんなことを思い出していると、この頃、ご縁があって、雑誌掲載されていた時期だったことを

思い出した。






そして、ストールにオリジナルな色名をつけ始めたのは、

「姫紫色・ひめむらさき色」が始まりだったことを思い出す。


初めて婦人画報に、掲載されたのはストールは姫紫色。  

婦人画報の上質で美しい紙、見開きで女優の羽田美智子さんも。

と興奮したことを思い出します。



シルクカシミアうるわしストール・姫紫色 

シルクカシミアうるわしストール・姫紫色は、あるレストランの女性オーナーへの  

プレゼントとしてオーダーを頂いて染めました。 


40歳代の彼女は、毎日びっしりお仕事をして、1年に一回のご褒美としてラスベガスで  

カジノをすることが唯一の楽しみの独身女性。


ということで、欧州でいう「金運アップの色の紫色」に、

女性ホルモンアップ&ラブ運アップのあるマゼンタを加えて染めた色です。 

ラスベガスで姫になりますように〜。の姫紫色です。




僕のチップで遊びなさい。という紳士が現れ、映画のプリティーウーマン気分に

なれますようにの願いを込めて〜  (うふふ。若い頃、私もそんな経験をしましたが怖くなって逃げたのでプリティーウーマンにはなれませんでしたが。。。今思えば、プリティーウーマンしたかったなぁと。)







来月の東京でのストールフェアでは、

少しだけですが、古いモデルのストールをお値打ち価格で持って行こうと思います。

デパート時代に、デパートで好まれるサイズなども展開しておりましたので、

枚数に限りはありますが、お持ちします。


50cmX180cmのカシミア100%の色泥染ストールは、男性へのプレゼントに良いかもしれません。プレゼントにも良いかもしれません。


上写真は、シルクカシミアうるわしストール / シルク60% カシミア40%サイズ110cm x 210cm

秘夜光色(ひゃこう色)・灰紫苑色(はいしおん色)

¥20,000-税抜価格


Galleryでは、歴史コーナーができるかもしれません。

11月、お待ちしております。



開催場所:Perry House Gallery

     東京都渋谷区神宮前4−23−6

開催日:11月2日(金)〜11月4日(日)

時間 :11:00〜19:00(最終入場18:30)

問い合わせ: info@umu-waka.com





0コメント

  • 1000 / 1000